眼もとのしわ

年をとると、ますます気になり始めていることが肌の劣化ですね。
若い頃はニキビがあり、悩みがある人もいたかもしれませんが、しわやしみができるのは避けて通ることができません。

上まぶたのしわは、小さな乾燥による小じわができやすい場所です。
寒い季節や花粉の季節には、相当な注意が必要です。

人間であればどんな人でもしわはあるのでしょう。
しかし、しわは努力次第で遅らせることが可能です。
やはり努力をしなくては美しくいることは不可能であり、それなりの努力が必要です。

目元のしわはよく笑う人にできやすい、鳥の足跡とも呼ばれる微細なしわ。
しかし、これは非常に可愛く思われます。
よく笑う人にすることができますので、あまり悪い印象にはならないでしょう。

そして目の下のしわ。
ちりめんじわというのが起こりやすい場所なので、非常に疲れた印象になってしまいます。コンピュータや読書など、目をたくさん使うことも原因の一つになります。保湿をしっかりすることが重要です。

目の周りは、指で内側から外側になでるようにマッサージします。
口の周りは中指と薬指の腹を使用して、内部から外部に肌を持ち上げるようにマッサージします。

しわ防止の簡単な方法があります。
それは保湿です。
ただ肌に水分を与えているだけでお肌が潤っていればしわはできにくいのです。
しかし、簡単に保湿と言ったが、これが意外に面倒だったりします。

自分が持っている化粧水など、高い化粧水を使用している人はドラッグストアの安い化粧水でいいので、コットンに浸して顔にパックしましよう。

これだけです。しかし、これを毎日しています。
毎日することは面倒なことです。

しかし、それでも今の努力を怠ると、将来「しわしわ」です。
毎日行うことができないこともありますが、思いついた時には必ずやるようにしています。

私は目の下のしわも気になるので、目の下はそれに合わせてパックした後、顔全体にパックします。

15分くらいできれば最高ですが、パック乾いてきたら化粧水を追加して30分くらいしています。
翌日は化粧のノリがぜんぜん違いますよ。